パチンコ・パチスロ 元パチプロ、業界経歴者が実践している店選び台選び 初心者歓迎

2021年パチンコホール状況及び6号機新機種について

2021年に突入してからのパチスロ立ち回りについて

長引くコロナの影響および5号機ミリオンゴッド撤去後のホールについて

昨年ミリオンゴッド撤去してからのホール状況について長引くコロナの影響と重なりホール状況が冴えない日々が続いております。昨年12月より低貸スロットについても休日はほとんど低設定たまに中間設定のみの営業でパチンコ屋へ行けば良くて少しプラスになるくらいで実践記事には出来ない内容が続いておりました。

リゼロを筆頭に3回突破型は正直つらい

今年から5号機ジャグラー系が順次撤去となる為昨年12月より低貸コーナーのジャグラーが減らされそのせいで高設定が入らなくなった。ジャグラー以外の残っている5号機をこれから追いかけ続けるよりも6号機で立ち回れる機種はないかこの6か月間多数の6号機の試打をするも設置されても1台2台と設置台数が少ない為高設定を入れる気配すらない日々、年明けからバジリスク絆2を追いかけてはいたがやはり低貸には低設定メインで営業されており絆2に力を入れているホールでは抽選で後発になり確保できずそれならとこれから人気が出るかもと予想していたゴッドイーター ジ・アニメーション、花の慶次~武威等の突破型については試打してみたものの二度と打ちたくないような内容(トータルではプラスマイナス0位)5月になってからモンスターハンターワールドTMが低貸に設置ホールが増えていき試打するようになった。

低貸でモンスターハンターワールドの設定を使うホールが出始めた

ゴールデンウィーク前に行きつけのホールにモンスターハンターワールドの低貸設置があったので試打することに、データで追いかけ、出た休日の翌週もしくは翌々週の休日に狙いを定め実践を繰り返しておりました。モンスターハンターワールドは有利区間引継ぎにより最大出玉がエンディングに達しても1400枚位しか出ない、変則的な天井(通常は750G)、リセット恩恵もない不評な台ですがホール側にとって低設定のみの営業では全然稼働状況が思わしくなく出玉感を見せるために仕方なく中間設定を入れているのが現状と分かった事3回突破型以外の機種で立ち回れる事で少しずつではあるが5月から収支も出だした。

低貸でバジリスク絆2を打ってはいけない

今年に入ってからバジリスク絆2の低貸データを追いかけているがほとんど低設定で営業しております。なぜなら低設定でも唯一客が打ってくれるからで他の機種では1000回転で見切られ1日4000回転以上回してくれる機種がなかなかないのが現状です。今年の出始めでスランプに陥った機種でもあります。

現在の低貸スロットの現状

上記に述べた通り低貸では新機種(6号機)のまとまった設置台数も見込めない為、設置台数があったホールでも1000回転位で客に見切られる事によりホールにとって機種代すら回収できない状況の中、ほぼ設定1のまま据え置いている現状です。

低貸にとって一番は店選びが重要

低貸スロットで結果を出すには更なる店選びが重要でコロナ前の店選びが通用しない現状です。なぜなら客が少ないホールにとっていかに吸い取れるかしか考えておらず出玉感を見せて客を呼び戻す事までは出来ない状況です。一部の中堅以上のチェーン店では減った客を取り戻したい為に今なお休日にも設定を入れているホールが有ります。そのホールを見つけるには日々のホールデータをチエックして本当に出しているかどうか見定めが必要となります。

まとめ

これからは機種選びではなく(技術介入性の機種は別)やる気のあるホール選びがもっとも重要であり、パチンコLIFEがホール選びにもっとも左右される事が一番重要点でありますのでホールデータをこまめにチェックしましょう。